法人のお客さま > コラム > コラム一覧 > eSIMとはなにか?SIMカードとの違いと、メリット・デメリットを解説

eSIMとはなにか?
SIMカードとの違いと、メリット・デメリットを解説

eSIMとSIMの違い

「eSIM」(イーシム)という言葉を聞いたことがある方も、いらっしゃると思います。SIM(Subscriber Identity Moduleの略)カードより便利ともいわれていますが、大きな違いもいくつかあります。うまく活用するためには特徴とメリット・デメリットを知っておくことが重要です。

この記事ではeSIM(embedded Subscriber Identity Moduleの略)について、SIMカードとの違いも含め詳しく解説します。

eSIMとは?SIMカードとの違いを確認しよう

SIMはSIMカードを挿入 eSIM は内蔵型

スマホを契約する場合、これまではSIMカードを発行してもらい、本体にセットする作業が必須でした。SIMカードには、スマホを契約する上で欠かせない以下の情報が格納されています。

  • SIMカードに割り当てられた固有の番号
  • 電話番号
  • 回線契約に関する情報

eSIMでは上記の作業を行う代わりに、SIMカードに記録するべき情報を端末本体に格納しています。そのためカードタイプの「SIMカード」がなくても、Webで開通手続きをするだけで使い始めることが可能です。いちいちSIMカードの発行を待ち、セットする手間を省けることが特徴です。

eSIMを活用する4つのメリット

SIMカードの抜き差し、交換という面倒な手間がなくなる

eSIMの活用には、4つのメリットがあります。それぞれの項目について、どのようなメリットがあるか詳しく解説します。

1.開通手続きがスムーズに行える

eSIMの最も大きなメリットの1つに、開通までの手続きがスムーズという点が挙げられます。eSIMを購入済、かつeSIM対応のスマホをお持ちの場合は、お申し込みから開通までの手続きをWebで完結させることも可能です。都合のよいタイミングで迅速に使い始められるため、Webで契約するハードルも下がります。

一方でSIMカードをWebで申し込む手続きは、eSIMほどスムーズではありません。宅配業者による配送が必要となるため、SIMカードやスマホが到着するまでの日数がかかることは難点です。契約中の通信事業者によっては、MNPを行う場合に回線を利用できない期間が生じる可能性もあります。MNPとは他の通信事業者に乗り換えても、同じ電話番号を使い続けられる仕組みを指します。

2.複数の回線を、1台で切り替えて使える

仕事に必要とはいえ、従業員に対して1台数万円ものスマホ機器を支給することは、会社にとっては大きな負担です。eSIMを活用できるスマホのなかには、次のような機種もあります。

  • SIMカードとeSIMを併用でき、切り替えて使える
  • eSIMを複数設定でき、切り替えて使える

例えば従業員が持つスマホが上記いずれかの対応をしていれば、1台でビジネスとプライベートの使い分けが可能です。貴社は回線契約だけを行えばよいため、スマホ機器の費用負担をせずに済むことは大きなメリットに挙げられます。

3.SIMカードの紛失や破損のリスクがなくなる

回線を切り替える場合、多くのスマホでは物理的なSIMカードの抜き差しが必要です。その都度電源を切って本体に差し込まれているSIMカードを交換することは、手間がかかるものです。加えて以下の理由により、SIMカードが使えなくなるリスクもあります。

  • 抜き差しの際に、指から伝わる静電気がSIMカードに影響を与えてしまう
  • SIMカードをうっかり破損させてしまう

複数のeSIMに対応するスマホならば、この心配はいりません。eSIMの切り替えは、画面上のメニューで設定を切り替えるだけで、新しいeSIMを使えます。破損により使えなくなるリスクから解放されることは、大きなメリットの1つです。

4.将来解約やMNPを行っても、SIMカードの処分方法を考えなくてよい

解約やMNPを行った場合、手元にSIMカードが残る場合があります。以下のケースが代表的です。

  • 解約後に、スマホ本体だけを中古ショップに売る(解約したキャリアには返却しない)
  • 転出先のキャリアではSIMカードだけ契約し、自分で差し替える

上記に該当する場合、残ったSIMカードをどうすればよいか悩むかもしれません。

これに対してeSIMでは、将来解約やMNPを行ってもSIMカードは残りません。特にMNPで元の機器をそのまま使い続ける場合、手続き終了後に何もしなくてよいことは大きなメリットとなります。

契約前に知っておきたい、eSIMのデメリット

ここまでeSIMのメリットをご紹介しましたが、デメリットが全くないわけではありません。後悔しないためにも、契約前にeSIMのデメリットを知っておくことは重要です。

1.別の機種に移す場合は、eSIMの再発行が必要

機種変更などで別の機種を使う場合、SIMカードならばカードの差し替えが可能です。一方で物理的なSIMカードが無いeSIMでは、ひと手間かかります。

eSIMの場合は通信事業者に対して、eSIMの再発行手続きが必要となります。その上で、新しいeSIMの設定も行わなければなりません。

2.対応する機器が限られる

eSIMに対応するスマホは、まだ多くありません。非対応の機種では、SIMカードの利用が必須となります。

このためeSIMのメリットを活用したい場合は、対応する機種のなかから選ぶ必要があります。その結果、希望する機種を選べないかもしれません。

3.自分で初期設定する場合はWi-Fi回線が必須

eSIMの初期設定を自分で行う場合は、Wi-Fi回線への接続が必須です。貴社ですでにWi-Fi環境やルータを導入済みであれば、この点はクリアできるでしょう。

一方でWi-Fi環境が整っていない場合は、外出して設定しなければなりません。このときパスワード無しで接続できる、またはセキュリティが甘いWi-Fiスポットに接続することはおすすめできません。重要な情報を悪意のある者に傍受され、悪用される恐れがあるからです。貴社のデータを守るためには信頼できるWi-Fiスポットを選ぶことが必要ですが、そのためには手間も時間もかかる場合があります。

まとめ

楽天モバイル法人のお申し込みはWebから行えます。

eSIMはスピーディーに開通手続きが行えるなど、ビジネスのスピードアップに貢献できることは大きなメリットです。一方でデメリットもあるので、特徴をよく知った上で選ぶことをおすすめします。上手に活用し、貴社のコスト削減に結びつけましょう。

楽天モバイル法人では2021年9月時点でeSIMには未対応ですが、お申し込みはWebで行えるため、24時間いつでもスムーズにお手続きいただけます。月額料金が安価な点も魅力ですので、この機会に検討されてみてはいかがでしょうか。

参考:

【eSIMとは?SIMカードとの違いを確認しよう】
一般社団法人 電気通信事業者協会 携帯電話のSIMカードについて
2021年7月14日_引用
NTTコミュニケーションズ 意外と知らない?ITトレンド用語 eSIMとは
2021年7月14日_引用
アイティメディア iPhoneやPixelが対応する「eSIM」って何? 普通のSIMカードとの違いは?【2020年11月版】
2021年7月14日_引用
アップル eSIM でデュアル SIM を活用する
2021年7月14日_引用
マイナビ 楽天モバイルのeSIMを設定する全手順!メリットや料金プランは?
2021年7月14日_引用
楽天モバイル eSIMだから実現する 簡単・手軽な申し込みスタイル
2021年7月14日_引用
【eSIMを活用する4つのメリット】
楽天モバイル 配送について
2021年7月14日_引用
楽天モバイル START GUIDE
2021年7月14日_引用
アイティメディア 最近話題の「eSIM」はどうやって契約する? 「楽天モバイル」の場合【2021年4月版】
2021年7月14日_引用
ビッグローブ MNPとは?格安SIM乗り換え時の手続き方法まで徹底解説
2021年7月14日_引用
東洋経済新報社 iPhone「eSIM」を使わないのは損失かもしれない
2021年7月14日_引用
ビッグローブ スマホ2台持ちを卒業できる「デュアルSIM」「DSDS」とは?使い方解説
2021年7月14日_引用
カカクコム ahamoやpovoでも対応予定、eSIMのメリットとは?5
2021年7月14日_引用
インプレス eSIMの載せ替えってカンタンだね!【Pixel 4a(5G)】
2021年7月14日_引用
【契約前に知っておきたい、eSIMのデメリット】
カカクコム ahamoやpovoでも対応予定、eSIMのメリットとは?
2021年7月14日_引用
楽天モバイル [eSIM]初期設定の手順を教えてください
2021年7月14日_引用
楽天モバイル eSIMだから実現する 簡単・手軽な申し込みスタイル
2021年7月14日_引用
インターネットイニシアティブ eSIMを利用している端末の変更方法を教えてください。
2021年7月14日_引用